ホーム > 屋根からの遮熱・断熱対策

屋根からの断熱・遮熱対策

屋根からできること
最近では温暖化の影響からか、35℃以上の日も当たり前のようになり、家の中で熱中症になり、命を落とされる方が増えています。
本来は安全で安心して暮らせなければならない家で、こんなにもたくさんの方々が亡くなられている原因の1つは「ヒートショック」だと言われています。

子供部屋にベッド代わりにロフトを作ったり、大きなものが収納出来るように小屋裏収納を作ったりと屋根裏の有効利用をされる方が多いのですが、これらを作られた方々の不満の1つとして、「夏場は暑くてそこに入りたくない」などと良く聞きます。

夏の直射日光の当たる屋根の表面温度は、60~70℃に達します。
その直下の屋根裏などは40℃以上になることもあります。

また、2階の居室も日中は暑くて・・・と言う事があります。
2階が特に室内の温度だけでなく壁や天井、床からの表面温度の影響を受けます。
結果、体感温度も上がり、更に暑く感じることになります。

豆知識-----------------------------------------------------------

体感温度を表す簡便な式は  体感温度≒(室温+表面温度)÷2  という式で表されます。
実は、壁や天井、床の表面温度は、室温と同程度の影響力があります。

夏、温度計で室温を測ると25℃なのに、西日の当る壁からジンジンと暑さを感じたり、冬、室温は20℃なのに足元からゾクゾクと底冷えする寒さを感じたりというのはそのためです。
ですから夏の暑さ対策には、屋根の遮熱や断熱が欠かせません。

------------------------------------------------------------------

屋根の遮熱対策は、塗料から!

屋根のイメージ

遮熱対策としては、金属系の屋根材やコロニアルなどのスレート系の屋根なら、
遮熱塗料という選択肢があります。
建物の塗替えを計画しているのであれば、屋根の塗料を遮熱塗料に替えるだけで効果があります。メーカーの実験データでは、屋根の表面温度が約20℃以上も下ります。

※遮熱塗料は、直射日光には有効ですが、外気温が高い場合などは、その影響を防ぐことはできません。この影響を防ぐには断熱と小屋裏換気が有効です。

屋根の断熱対策は、断熱材で

屋根のイメージ

断熱の方法としては、小屋裏収納やロフトなどを利用する部屋で有れば屋根面での断熱を施工します。
一般的な天井であれば、天井断熱を施工します。

断熱のポイントは、断熱材の隙間を無くすことと、どれだけ厚い断熱材を使えるか、またはどれだけ性能の良い断熱材を使えるかになります。
以下の中から、予算内で最大限の効果を出す対策をご提案できます。
ご質問・ご相談はひら木までお気軽にどうぞ。

屋根断熱の種類
屋根タル木の間にポリスチレンフォーム充填
屋根タル木の間にグラスウール充填
屋根下面に発泡ウレタンフォーム吹付け
屋根野地板上にポリスチレンフォーム張り
屋根野地板上に硬質ウレタンフォーム張り
屋根野地板上にフェノールフォーム張り

天井断熱の種類
グラスウール敷込み
グラスウール吹込み
ロックウール吹き込み
セルロースファイバー吹き込み
ポリスチレンボード張上げ
硬質ウレタンフォーム張り上げ

株式会社ひら木ではお住まいに合わせた断熱・遮熱対策をアドバイス・ご提案しております。
「屋根からできる断熱についてもっと知りたい」
「長持ちするようにプロに任せたい」
という方は、いつでもご相談に乗ります。
ただいま神奈川で無料出張見積もりもさせて頂いています。
近隣にお住まいの方は是非ご利用ください。

株式会社ひら木での遮熱・断熱の施工事例はこちら!>>

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ