ホーム > 家が長生き?“防アリ”

最近増えてきた「シロアリ」被害

床下のイメージ

「結露や湿気で家がダメになる」

こんなことを聞いたことはありませんか。
断熱材の施工方法が悪いと壁の中で結露を起こし、壁がジメジメしてシロアリの被害にあったり、腐ったりしてダメになることがあります。
また、壁の中の結露はカビやダニの温床になることから、健康への影響を及ぼす可能性が高まります。

シロアリって?

白蟻のイメージ

さて、ここでシロアリについて少し触れてみたいと思います。
日本には多くのシロアリが生息していますが、家の土台や柱への食害を起こすのは、主にイエシロアリとヤマトシロアリです。
これらのシロアリは、風通しが悪く、ジメジメとしたところが大好きです。
土の中から粘液をつかって蟻道(ぎどう)というトンネル状の通り道をつくり、家の土台まで上がります。
木材に到達すれば、後は木材を食べ荒らしながら移動していきます。

長く大切に住むためには

古い家のイメージ

防ぐには、床下をなるべく乾燥状態にしておくことです。基礎風窓の前に物を置いたりして、風通しが悪くならないように注意してください。

ところが、最近、ごく一部の地域で、乾燥している木材も食べる
シロアリの被害にあわれているケースが出てきています。

「アメリカカンザイシロアリ」という種類で、文字通りアメリカからやってきたシロアリです。

このアメリカカンザイシロアリは、日本の在来種と違い、乾燥した木材を食べます。
輸入家具や荷物運搬用の木製パレットについて入ってきたと言われています。
アメリカカンザイシロアリは、いかに初期段階で発見することが大切です。
発見した場合は、専門家の定期的な駆除や点検をすることで対応できます。

「断熱」「遮熱」対策をすることの大きな目的の一つは、「家を長持ちさせること」です。
同時にシロアリ対策をすると、後に無駄な費用をかけることなく、より快適な環境の住まいに住み続けることができます。

株式会社ひら木ではお住まいに合わせた断熱・遮熱対策をアドバイス・ご提案しております。
「年季が入った家だけど、いまから対策できるの?」
「少ない予算でも一番断熱効果を高める方法を知りたい」
という方も、いつでもご相談に乗ります。
ただいま神奈川で無料出張見積もりもさせて頂いています。
近隣にお住まいの方は是非ご利用ください。

株式会社ひら木での遮熱・断熱の施工事例はこちら!>>

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ