社長ブログ

2013年1月29日 火曜日

個別認定防火戸を発表。LIXIL | ニュースリリース 

おはようございます。毎日寒いですね。

全国でインフルエンザが猛威をふるっていますが、海老名も例外ではありまえん。学級閉鎖が相次いでいるそうで、受験生の方々は、充分注意して、うがい手洗いで予防に努めてくださいね。

さて、こんな記事を見つけたので、シェアしたいと思います。

「株式会社LIXILは、新しく個別認定の防火戸を発表。」

これは2年ほど前に、日本のサッシメーカー各社が、通則認定防火戸の抜き打ち検査で不合格になったことから、防火戸は新たに個別認定をとるよう国からの指導があったもので、各メーカーは個別認定の防火戸を発表しています。

内容はココから・・・・・

2013年01月25日: 高い防火性能と高断熱性能を両立させた国土交通大臣認定防火設備のドア「防火戸FG-E」新発売 ~玄関ドアとアパートドアの2タイプをラインアップ~ 窓・玄関ドア・引戸 TOSTEM ... 続きはこちら
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 株式会社ひら木 | 記事URL

2013年1月28日 月曜日

一軒家を新築するか、リフォームするか - マイナビニュース - マイナビ 

また朝方から海老名は、雪がチラついていますが、1時間ほどでやむそうなので、ホッと胸をなでおろしています。

さて、今朝はこんな記事を見つけましたので、シェアしたいと思います。

よくお客様からの相談で、建替えかフルリフォームかと迷ってるという相談を受けます。

その事について書いてありましたので、とても参考になるので、ぜひご覧になってください。

内容は下記のとおり

1月27日 ... 中古住宅を購入する場合、または今ある建物を取り壊して新築する場合、いずれにおいてもリフォームで改築した場合と、内容や価格比較はしておきたいものですよね。リフォームのみで快適な住まいが確保できるかどうか、簡単なチェック方法 ... 続きはこちら
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 株式会社ひら木 | 記事URL

2013年1月24日 木曜日

住まいの耐震博覧会開催

2月10日(日)・11日(月・祝)
住まいの耐震博覧会が東京ビッグサイトにて開催されます。

この博覧会は、住宅の耐震化をキーワードに、木材、建材、住宅設備機器などを紹介する総合展示会です。

展示会場は、耐震ゾーン・木材ゾーン・エネルギーゾーン・リフォームゾーン・シニアライフ対応ゾーン・メーカーゾーンなどからなります。

耐震ゾーンでは、最新の地震対策や、中古住宅の耐震診断、補強方法などの展示。

木材ゾーンでは、国産木材を利用した家づくりの提案。

エネルギーゾーンでは、今注目されている低炭素住宅やゼロエネルギー住宅の展示。

リフォームゾーンでは、リフォームによる快適・節約・節電・節水生活の提案。

シニアライフゾーンでは、バリアフリーな家づくりを紹介。

メーカーゾーンでは、国内の多くのメーカーが最新の商品を展示。

その他、お楽しみゾーンでは、仮面ライダーショーや大抽選会がおこなわれます。

興味が有られる方はぜひ行って見てください。

詳しくは、こちらをご覧ください。

住まいの耐震博覧会
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 株式会社ひら木 | 記事URL

2013年1月19日 土曜日

サッシの性能って重要です。

毎日、寒いですね。

いかがお過ごしですか。

昨日、アソビエクラブという工務店の会の勉強会に出席してきました。

工務店の社長が集まり、毎月定期的に勉強会を開いたり、意見交換などをしています。



その中で住宅のエネルギー消費量ついての話が出ました。


世界各国のエネルギー消費量と比べて、日本は、とても消費量が少ない国です。

この表をご覧ください。

エネルギー消費量


「消費量の少ない日本、素晴らしい!」なんて、感心しちゃったあなた、大きな間違いですよ。

諸外国では、室内の温度など厳しい決まりがあってそれを下回ってはならない状況なんですね。


ということは、日本人はとても我慢強い国民ということが分かります。

前にも書きましたが、健康と室温には、密接な因果関係があります。

暖かな家に住んでいる人は、健康である確率が高いのです。

この寒さの原因の一つに、窓の断熱性が上げられます。

冬場の暖房エネルギーの50%近くが、窓から逃げていっています。

ですから、窓の断熱対策が非常に重要。


外国の木製サッシのトリプルガラスは、とても性能が良く、断熱性はピカイチです。

もちろん、コストもそれなりに掛かってしまいますが・・・。


そこで私が注目しているのが、最近、テレビコマーシャルで、松山ケンイチと広末涼子が宣伝しているサーモスHというサッシです。

このサッシは、外国のものに比べると性能はまだまだですが、日本のサッシの中ではとても性能が良いのです。


サッシの断熱性能は、U値(熱貫流率)というものであらわします。

トリプルガラスの木製サッシで0.9~1.25という驚異的な数字ですが、サーモスHは、2.33という数字です。

JISの等級ではH-5という最上級のグレードです。


もっともっと性能の良いサッシが必要とは思いますが、コストと性能のバランスを考えると、このグレードでも充分だと思います。


改修工事での窓交換は、外壁の改修を伴ってしまうので、なかなか使えませんが、新築住宅をお考えの方には、採用の価値ありだと思います。




このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 株式会社ひら木 | 記事URL

2013年1月15日 火曜日

関東は大雪でした。

おはようございます。

昨日の成人の日は、あいにくの雪空に、晴れ着を着ている新成人のお嬢さんがたは、大変だったと思います。

ウチの長男も新成人で、スーツ姿を見るとちょっと成長したような気がしました。

大雪の成人式は記憶には残るんでしょうけど、やはり晴れてもらいたかった親心です。


その雪の中、海老名の高台「大谷北地区」にあるお客様のところに打合せに行ったのですが、雪がどんどん降り続けるので、坂道が多いこの地域から、「はたして、無事に帰れるのか?」という不安を持ちつつの打合せでした。

打合せが終わった昼ごろは、降雪のピークであっという間に銀世界に変身していました。

ブログ用に写真を撮って!と思う余裕もなく、どうやって帰るかに集中していました。


帰るルートを2つ思いつきました。

1つは最短距離で、交通の少なめの急坂「シマホ前ルート」。

2つ目は、急な下り坂が1ヶ所あるけれど、交通量が多い「国分坂下ルート」

交通が多いほど、雪が積もりにくいと踏んで、2つ目のルートを選択し、進んでいくと、スリップして動けなくなった車があちこちに。

不安をおぼえながら進んでいくと、急坂のところで渋滞が発生していました。

やはりこの先で、立ち往生している車がいるに違いない。下りでスリップしたら、かなり危険です。

思案に暮れていると、ひらめきました!

昔住んでいた「杉久保地区まわり迂回ルート」です。

こちらは小高い丘に囲まれた谷間部分をずーっと走っていけるので、緩やかな下り坂です。

Uターンして、そちらに向かっていくと、かなりスムーズに無事帰れました。

神奈川は、普段は雪が少ないので、チョット降り積もるとすぐにパニック状態になってしまいます。

日頃から備えていなければと思っても、喉元過ぎればなんとやらで、すぐに忘れてしまいがち。

まだ雪が降る事もあるかもしれませんので、これから準備しておきます。
このエントリをBuzzurlにブックマーク

投稿者 株式会社ひら木 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ