施工例

2013年7月 5日 金曜日

屋根の葺き替え

7月に入って梅雨らしい空になっている海老名です。

先日、屋根の葺き替え工事の途中経過を掲載しましたが、完了までの様子をレポートします。



ゴムアスルーフィング

既存のコロニアル葺きの上にゴムアスルーフィングを施工します。



そして、この屋根材を葺いていきます。

屋根材はLIXIL Tルーフクラッシックです。

これは、ガルバリウム鋼板の基材の上に天然石を吹付けてあります。

天然石は色あせすることが無いので、20年経っても変わらぬ風合いです。

そして、30年のメーカーによる基材保証がついています。

Tルーフ施工中

Tルーフ専用ビスで固定していきます。



葺き上がりはこんな感じです。

Tルーフ葺き上がり

この施工法は、カバー工法といって、既存の屋根材の上からかぶせるように施工します。

カバー工法のメリットは、元の屋根材の処分費がいらないことと、施工性が高いので、施工時間が短くて済みます。

また、既存のルーフィングをそのまま残すので、漏水に対する安全性が増すことです。

そしてなにより、換気棟(一番下の画像)を使う事で、小屋裏の熱気を逃がす事が出来ます。

夏の熱気対策の1つにも、有効です。

お客様も、この夏効果のほどがわかると思いますので、私も楽しみです。

投稿者 株式会社ひら木

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ