施工例

2012年11月19日 月曜日

庇の結露対策

神奈川は急に寒さが増してきました。
今まで暖かかったせいで、特別寒く感じますが、例年並みだそうです。

さて、今回は、鉄筋コンクリート造のマンションで、ご覧のように、結露によりエントランスの天井が落ちてしまいました。

オーナー様より対策をしたいとのご相談を受けました。

元々、軒天井用の吸音板ですので、有る程度の湿気でも大丈夫なのですが、さすがにビショビショに濡れてしまうとひとたまりも有りません。

寒い日が続き、突然暖かな南風が吹いたりしますと、冷えたコンクリートの表面に結露を起こすことが年に数回あります。

 

image1
image2
image3

そういったことを繰り返すうちに天井がボロボロになってしまうのです。

対策としては、天井裏の通気を良くすることと、天井仕上材を水滴が落ちても問題ない素材のものに替えることです。

また、庇上に水がたまり、ステンレス部分にも結露を発生させていることから、水の溜まらない形状にしました。


仕上りはこのようになりました。

 

image1
image2
 



投稿者 株式会社ひら木

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ