施工例

2012年11月12日 月曜日

畳の表替え

気温の変動が多くて体調管理が難しいですね。こんな時は、食事と睡眠がとっても大事。

ぐっすり寝て、ガッツリ食べて元気はつらつです。


今日は、畳の表替えの現場からの情報です。

「畳の表替えってどれくらいでやればいいんですか?」とか、「和室に家具が多いので出来るか心配。」などのご質問をよく受けます。

まず、畳の表替えの時期ですが、基本は畳が擦れて来たりして見栄えが悪くなった場合や、日に焼けて色が変わってしまったのが気になる場合に裏返しや、表がえをおこないます。

畳表(たたみおもて)は、裏表両面使えますので、1回は裏返しできます。

大体の目安としては5年くらいで一度裏返しをおこなうのが標準と言われています。

人が良く歩く場所であったり、毎日使う部屋であれば、表面がすり減ってきますので、もう少し短くなりますし、あまり使っていない場所で有れば、もう少し長くなります。

そして、裏返しを1度した場合は、それから3年くらいが目安です。


和ダンスなどの家具が多い場合などの施工ですが、割れものなどさえ入っていなければ私たちや畳屋さんが家具を移動しながら施工します。




こんなかんじです。



完成はこちら



こちらのお宅は和紙の畳表で表替えをしました。

イグサの良い香りはしませんが、イグサの畳表より日に焼けにくく、丈夫なので、とてもオススメです。

投稿者 株式会社ひら木

アクセス


大きな地図で見る

■ 社名
株式会社ひら木

■ 住所
神奈川県海老名市中新田3-9-51-101

■ TEL 0120-91-0606
電話受付時間 6:00~21:00

■ 営業時間 9:00~18:00

■ メールは24時間対応

■ 施工エリア
海老名を中心に神奈川県全域

0120-91-0606

お問い合わせ